Az-netノウハウ 関東経済産業局認可 家庭教師派遣協同組合加盟
home 6つの特長 サービス内容 実績/喜びの声 Az-netノウハウ 会社概要
.
6つの特徴 お子様のやる気が大事!まずは、安心のお試しから
TEL:0120-832-828 資料請求は、無料です。無料教育相談も随時お受けおります。

暗記をするなら朝と夜どちらがおすすめ?効率よく暗記するコツまとめ | 静岡から山梨、長野、東京や神奈川に強いプロ家庭教師のアズネット | 静岡から山梨、長野、東京や神奈川に強いプロ家庭教師のアズネット

暗記をするなら朝と夜どちらがおすすめ?効率よく暗記するコツまとめ


テスト勉強や受験勉強の際に、暗記がうまく進まないことが悩みとなっている人は多いのではないでしょうか。

また、暗記できていると思っていても、試験本番でなかなか思い出すことができず、暗記がうまくいかないことが、成績が伸びない原因になっている人も少なくないのではないでしょうか。

そこで本記事では、暗記に適した時間帯や暗記の効率を上げるためのコツについて解説します。

今回紹介する方法を実践すれば、これまで以上にスムーズに暗記ができるようになるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

暗記をするのは朝がおすすめ?夜がおすすめ?

テスト期間中の学生や受験生からすると、時間帯に限らず隙間時間を見つけては暗記に取り組んでいると思います。

しかし、脳の状態は時間帯によって異なるため、暗記に適した脳の状態となっている時間に暗記に取り組む方が、効率良く暗記ができます。

そこでここからは、暗記に取り組むおすすめの時間帯について解説します。

暗記をすることに苦手意識を持っている人や暗記に時間がかかってしまう人は是非参考にしてみて下さい。

朝は起床後がベスト

脳は就寝時に記憶や情報を整理しているため、起床直後は記憶できる容量が大きくなっています。

また、起床後3時間は、脳が最も働く時間とも言われているので、暗記を効率よく行える時間と言えます。

さらに、人間はお腹がすいている時の方が、記憶力が高まると言われているため、暗記に取り組むのは起床直後から朝食までの時間がおすすめです。

夜なら就寝前に暗記に取り組もう

就寝前も暗記に適した時間と言えます。

さきほども述べたように、脳は就寝時にその日に得た情報や記憶を整理しています。

そして、必要と判断された情報は長期記憶に定着しやすいのです。

そのため、就寝前に暗記をすれば、暗記した情報が長期記憶になりやすく、短期間では忘れない知識とすることができるのです。

時間帯別おすすめの勉強内容

暗記に適した時間帯があるように、他の勉強内容にも適した時間帯が存在します。

そこでここからは、時間帯別おすすめの勉強内容について解説します。

どの時間に何を勉強すれば良いかわからず迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

朝食後:難易度の高い問題に取り組む

朝食前は、暗記がおすすめだと解説しましたが、朝食後は難易度の高い問題に取り組むことがおすすめです。

さきほども解説した通り、朝は脳が最も働く時間と言われているため、複雑で難易度の高い問題であっても、無理なく取り組むことができるのです。

また、朝食後は、食べたものがエネルギーとなるので、脳の働きがより良くなります。

具体的な勉強内容としては、数学の難易度が高い計算問題や物理や化学の問題に取り組むと良いでしょう。

昼~夕方:答え合わせや見直しをする

昼から夕方の時間帯は、答え合わせや見直しを行うことがおすすめです。

みなさんも経験したことがあると思いますが、お昼ご飯を食べた後は眠気が強くなるため、問題に取り組もうとしても集中できないことが多いです。

そのため、昼食後の昼から夕方にかけては、午前中に解いた問題の答え合わせや見直しを行うようにしましょう。

また、眠気が覚めてきたら、問題の演習に取り組むのもおすすめです。

暗記の効率を上げるコツ2つ

暗記は脳の状態に合わせて時間帯を選び行うことも重要ですが、少しの工夫を行うだけでも十分に効率を上げることができます。

そこでここからは、暗記の効率を上げるためのコツを2つ紹介します。

今以上に暗記のスピードや記憶の定着率を上げたいという人は是非実践してみてください。

歩いたり筋トレをしたりしながら暗記する

暗記をするとなると、椅子に座りながらテキストや単語帳と向き合う人が多いと思います。

しかし、体を動かしながら暗記をした方が、脳が活性化するので、効率良く暗記を進めることができます。

そのため、部屋を歩いたり、軽くスクワットをしたりしながら暗記をすることがおすすめです。

覚えたことを人に教える

テキストや単語帳を見て暗記をするだけでは、あまり知識が定着しませんが、覚えたことを誰かに伝えたり教えたりすると、知識が定着しやすくなります。

たとえば、家族と話す時に今日勉強したこととして伝えるだけでも良いですし、友達の勉強を手伝うついでに勉強したことを教えることもオススメです。

まとめ

今回は、暗記に適した時間帯や暗記の効率を上げるためのコツについて解説しました。

暗記は、教科によって量は異なりますが、どんな教科にも必要なことです。

そのため、暗記がスムーズにできるかどうか、得意か不得意かということは、テストの結果や学校の成績、受験の結果にまで影響する場合があるのです。

そのため、暗記に対して苦手意識がある人は、今回紹介した内容を実践してみてください。

また、どうしても暗記に対する苦手意識を克服できないという人は、学習指導のプロである家庭教師に相談することがおすすめです。

資料請求はこちら0120-832-828資料請求は、無料です。無料教育相談も随時お受けおります。

新着コラム