Az-netノウハウ 関東経済産業局認可 家庭教師派遣協同組合加盟
home 6つの特長 サービス内容 実績/喜びの声 Az-netノウハウ 会社概要
.
6つの特徴 お子様のやる気が大事!まずは、安心のお試しから
TEL:0120-832-828 資料請求は、無料です。無料教育相談も随時お受けおります。

発達障害の子がプロ家庭教師に習うメリット【特性に合わせた教育方法とは】 | 静岡から山梨、長野、東京や神奈川に強いプロ家庭教師のアズネット | 静岡から山梨、長野、東京や神奈川に強いプロ家庭教師のアズネット

発達障害の子がプロ家庭教師に習うメリット【特性に合わせた教育方法とは】


発達障害は、幼児の段階から「行動」や「情緒」に特徴があります。
その特徴から、日常生活に支障が出るほどの困難を抱えていることが多いです。

発達障害があっても、本人や家族、あるいは周囲の環境が
その特性に応じて、日々の過ごし方を工夫をすることが肝要です。
特性を理解し、適切な工夫をすることで抱えている困難を軽減させたり、
あるいは、持っている能力を活かしやすくしたりすることができます。

発達障害とは

発達障害とは、生まれつき見られる特性です。
例)自閉症、ADHD(注意欠如、多動症)、学習障害、吃音、チック症など

これらはいずれも、生まれ持って見られる「脳の働き方の違い」により
その特徴が現れます。
保護者の教育やしつけ、家庭環境などによるものではありません。
そして同じ名称でも、特徴の現れ方は異なっていたり、複数の特徴を
併せ持っていたりする場合があります。

また、発達障害の特性が見られても、診断基準をすべて満たしている
わけではないために、確定診断ができない状態を「グレーゾーン」と言います。
グレーゾーンの場合、基準を満たしていないために「その特性が弱い」と
捉えられがちです。
あるいは、グレーゾーンであるがために「努力が足りない」、
「しつけがなっていない」と誤解されやすいこともあります。

発達障害の特性に合わせた教育方法

1.自閉症

自閉症は、相手の伝えようとすることを読み取ったり、自分の考えを
相手に伝えることが苦手な傾向が強いです。
・特定のことに強い興味、関心を持つ
・感覚の過敏性
・こだわり行動がある
などの特徴を持っていることもあります。

自閉症の場合、他者との交流は「相手の言ってることが理解できない」、
「言いたいことが上手く人に伝えられない」といった経験をしやすいです。
このような失敗を繰り返すと、コミュニケーションに強い不安感を覚えてしまい
その意欲が低下してしまいます。
そのため、周りの大人が本人の伝えたいことを出来るだけ理解し、応えていくことで
成功体験を積み重ねることが重要です。

また、自閉症は感覚が過敏なために、強い不安感を感じやすいです。
そのため、活動に参加する場合などには「いつ始まって、いつ終わるか」など
一連の流れについて見通しが持てると、安心することができるでしょう。
また、活動の内容を視覚的に提示することで、適切な行動を理解させる指導も重要です。

2.ADHD(注意欠如、多動症)

ADHDは、注意力が足りない、衝動的で落ち着きがないといった特性で
日常生活に支障が出ている状態を指します。
・物事に集中することが出来ない
・忘れ物や物をなくすことが多い
・多動性(落ちつきがなくじっとしているのが苦手)
・衝動性(思いついた行動を突発的に行う、順番待ちが出来ない)
などの特徴を持っていることもあります。

ADHDの場合、集中し続けることが難しい場合が多いです。
例えば、不注意な間違いが多い場合は、
・他の情報に影響を受けやすい
・僅かな情報だけで判断してしまう
など、要因を明らかにした上で指導を行う必要があります。

集中力に課題があると、一つの課題を達成することが困難であるために、
最後までやり遂げるという経験を得ることが難しいです。
そのため達成感が味わえず、集中することへの意欲が低下してしまいます。

対策として、課題を段階に分けて取り組むようにし、各過程の終了毎に
達成感を味わえるようにすることで、意欲を引き出す工夫が必要です。
また、「いくつかの情報から」「必要な物に注目する」といった指導や、
終わったら必ず確認をする、などと習慣付けを工夫する必要もあります。

3.学習障害

学習障害は、知的発達に遅れがないものの
「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算」「推論」といった能力に
困難が生じている状態を指します。

例えば音読が苦手な場合は、まずはその要因を確認する必要があります。
文字を音声に変換するのが苦手な場合には、音を視覚的に確認できる教材を
使ったり、機材を使った音声教材での指導が効果的です。
または、視覚的な情報を読み取ることが苦手な場合には、文字をひとつずつ
単位的に捉えている場合があります。
その場合は、文字をまとまりのある単語として捉えられるよう、文字を拡大したり
行間を広げた教材などを用いた指導が重要です。

発達障害の子がプロ家庭教師に習うメリット

子どもの特性に配慮したサポート

プロ家庭教師の授業では、子どもの特性に配慮したサポートが期待できます。
講師は子どもとコミュニケーションをきちんと取り、信頼を築いた上での授業を
行ってくれるので、子どものペースに合った教育を受けることが可能です。

個別カリキュラムでの授業

家庭教師は1:1での指導を行うため、生徒一人ひとりにあった学習や
サポートを提供することができます。
子どもの特性に合った指導が受けられるだけでなく、一人一人の達成したい目標や
受けたいサービスを相談することも可能です。

まとめ

発達障害とは、生まれつき見られる特性を指します。
その状態によって、日常生活などに困難を抱えやすいですが、一人ひとりの
特性に合った環境や、工夫を行うことでその困難は軽減させることができます。
プロ家庭教師であれば、発達障害の特性を十分に理解し、その上で子どもたち
一人ひとりに合った適切な

資料請求はこちら0120-832-828資料請求は、無料です。無料教育相談も随時お受けおります。

新着コラム