Az-netノウハウ 関東経済産業局認可 家庭教師派遣協同組合加盟
home 6つの特長 サービス内容 実績/喜びの声 Az-netノウハウ 会社概要
6つの特徴 お子様のやる気が大事!まずは、安心のお試しから
TEL:0120-832-828 資料請求は、無料です。無料教育相談も随時お受けおります。

高校受験生が10月・11月にやるべきこと | 静岡から山梨、長野、東京や神奈川に強いプロ家庭教師のアズネット | 静岡から山梨、長野、東京や神奈川に強いプロ家庭教師のアズネット

高校受験生が10月・11月にやるべきこと


高校受験生はその時期によって行うべきことが違っています。
その時期に適したことを正しく行うことで効率的に動くことができます。
そこでここでは受験も近づいてくる10月、11月に行うべきことを順番に紹介していきたいと思います。

▼目次

10月は志望校の決定と中間テスト

そろそろ志望校を絞っていく時期である

志望校を決定していくのに大きく参考になる「説明会」「オープンキャンパス」ですが、夏休みから10月ごろにかけて多く行われています。
それらに参加して実際に学校の雰囲気を見たり、学校までの経路を確認したりどれくらい通学に時間がかかるかを確かめてみるということが重要になります。
10月ごろになるとそれも落ちついてきますので、本格的に志望校を決定していくという形になります。

ただしこの10~11月くらいに決定しなければならないのは「私立高校」です。
2月下旬から3月にかけて行われる公立高校の入試についてはまだ決定は先でも構いません。
私立高校については11~12月に行われる三者面談のころには担任に伝えなければいけないため、このあたりで決定していくのが良いでしょう。

内申点を整えていく時期である

公立高校を受験する際に重要になるのは本番の入試で何点とれるかということと、内申点をどれだけ持っているかということです。
合否はこの合計で決定されるために、いくら学力を高めても内申点がまったく足りていないようでは合格することはできません。
最近では評定は中1の初めの段階から関わってくるために本来であれば中1の早い段階から内申点を意識して取り組んでいかなければならないのです。

そんな内申点もたいていは中3の二学期までで揃ってきます。
すなわち、この二学期に行われる定期考査も内申点に含まれるのです。
この時期は受験勉強に取り組んでいる時期で、その勉強が忙しくなっています。
塾や家庭教師などでも本格的に受験勉強モードに入っているでしょう。
それと並行して定期考査の点数も取っていかなければいけないのです。
定期考査でしっかりと点数を出して内申点を整えていくことで受験を有利にすることができるのです。

11月は受験勉強と模試と期末テスト

模試も山場を迎えてくる時期である

志望校を決定したり、担任や塾、家庭教師などが行う進路指導や進路相談にも参考にされる校外模試もこの時期に山場を迎えてきます。
模試の結果が重要になってくるのは9月、10月、11月のもので、たいていの校外模試では11月のものが受験者数が最大になります。
そのため判定もより正確なものが出やすくなっており、その重要度も高くなります。

この3ヶ月の模試の結果を見て進路を決めるという生徒さんや保護者の方学校の担任、家庭教師なども多くいます。
11月くらいになると中学での学習分野はほとんど終了していますので、ここで結果がまったく出せないようでは志望校を変更する必要も出てくると言えます。

受験に対しての実践的な勉強をしていく時期でもある

受験勉強はすべて基本問題がベースになっています。
どの教科も基本の徹底をしないまま過去問題集などに取り組んでも点数を取ることはできません。
そのため中学3年生は夏の間いっぱいを使って復習を徹底することが多くあります。

特に理科や社会など中学1年にならった分野などは忘れていることも多くあります。
英語や国語、数学などはある程度連続性があるため急激に忘れることはありませんが、理科や社会は分野が変わると忘れていくことが多いのです。

そのため理科や社会などを復習していくことが安定して点数を取ることにつながっていくのです。
10月、11月はこういった復習をしながら完成に近づけていく時期なのです。
そして11月の終わりから12月に入ると赤本などの過去問題集を使用して実践的な取り組みを行っていきます。

期末テストで内申点の完成を

内申点が重要であるという話をしてきましたが、それもこの二学期の期末テストである程度完成していきます。
二学期までの内申点で進路相談などがすべて行われることになります。
三学期は内申点が出るころにはすでに受験が始まっているためそこから志望校を決めていくというようなことはあまりしません。

そのため受験勉強が本格的に進んでいく時期でもあるのですが、定期テストを決しておろそかにすることなく、点数をしっかりと出していく必要があります。
そしてこれは英数国理社以外の科目についても同様です。
むしろ内申点に関しては音美技家体の方が配点が大きいということが一般的です。
学力が上がっていてもこれらの評定が悪いと内申点で大きく足りないということになり、進路相談でも不利になります。
必ずすべての教科の内申点を意識していかなければいけません。

まとめ

高校受験生は夏休みが終わった後、10月、11月の過ごし方は非常に重要になってきます。
計画的にこの時期を過ごすことで受験を有利にしていきましょう。

資料請求はこちら0120-832-828資料請求は、無料です。無料教育相談も随時お受けおります。

新着コラム